司法書士という国家資格詳細

司法書士という国家資格詳細

司法書士と葉故人や起業などの依頼によって、法律に関する書類作成や法律上の手続きを代行する仕事です。

この仕事をするためには司法書士試験に合格し国家資格を取る必要があります。法律に詳しくなる必要があるので弁護士につぐ難易度の高い試験となり、かなりの勉強量が必要となります。

その詳細とは憲法、民法、刑法、商法、不動産登記法、商業登記法、供託法・司法書士法、民事訴訟法、民事執行法、民事保全法、不動産登記法記述式、商業登記法記述式、口述試験。

このようなたくさんの法律に関する知識の試験があります。繰り返し勉強し、頭に入れる必要があります。司法書士に合格するための予備校などに通い合格のノウハウを得ながら勉強していく方が多いです。

司法書士の受験資格

司法書士の受験資格

司法書士の概要は、年に1回行われる国家試験の一つの司法書士試験に合格することでなることができる法律の専門家です。

4月中旬に申請書が配布され、5月中旬から下旬までに出願し、7月に筆記試験が行われる流れになります。

主に司法書士は不動産取引の現場や商業取引の現場で登記実務を行う法律家で、近年は過払い金問題などの消費者保護などの側面でも活躍しています。

司法書士試験の受験資格は、年齢、性別、国籍、学歴等などに左右されることなく誰でも受験することが可能です。

一日の筆記試験と筆記試験合格者に対して行われ、口述試験に合格することで司法書士になることができます。筆記試験は午前と午後の部に分かれて行われ、択一試験と記述試験の二つに分かれます。

記述試験の特徴は、不動産登記法と商業登記法の二つの法律から一問ずつ出題され、実際の実務に対応した試験内容となります。

司法書士の試験日程

司法書士の試験日程

司法書士の試験日程はまず5月中頃から、法務局や予備校に通っている方は予備校で願書を手に入れて、願書に写真を貼り受験料8,000円を支払います。

申請期間は願書を入手できる日から約10日間と短めなので早めに申請したほうが良いでしょう。

司法書士の筆記試験日は、毎年7月の第1日曜日で午前の部は9時30分から11時30分の2時間と午後の部の13時から16時までの3時間です。

午後の部は択一問題のほか不動産登記法と商業登記法の記述問題が出題されます。筆記試験の合格発表は9月末に行われ、合格した者は10月中頃に口述試験を受けることになります。

口述試験は試験官より法律知識について質問され、それに応答することになりますが、わからなくても試験官がヒントをくれるので心配する必要はありません。

口述試験に合格すると、試験日程がすべて終了となりはれて司法書士試験合格となります。