公認会計士という国家資格詳細

公認会計士という国家資格詳細

公認会計士の詳細を詳しく理解している人は少なく、そもそもどのような仕事をしているのかが分からないという人も多いでしょう。

公認会計士は現代の社会に無くてはならない職業であり、これからもますます重要性は高まることが予想されます。

公認会計士の国家資格は、比較的人気のある会計系の資格の中において最上位に位置しており、それゆえ簡単には取得することはできません。

通常は数年かけて専門学校へ通い、さらに勉強に専念しなければなりません。様々な分野の、幅広い知識を勉強することになるため、知識のバランスや維持も重要となります。

公認会計士の国家資格は取得することが極めて困難ですが、保有していると社会で大きなステータスを取得することができます。まずは調べてみることから始めてみましょう。

公認会計士の受験資格

公認会計士の受験資格

公認会計士は経理の専門家であり、業務の概要は会計監査を独占業務として、会計監査意外にも経理業務、税務業務並びにコンサルティング業務と多岐にわたります。

会計監査は、上場会社には義務付けられており 資本市場の信頼性を確保するための重要な経済社会インフラとなっており、その試験は国家試験の中でも 医師、弁護士と並ぶ三大難関試験の一つとなっています。

公認会計士の受験資格は、特にありませんが 短答式試験を合格した後に、論文式試験の受験が可能となり論文式試験合格後に 公認会計士試験合格者となります。

公認会計士試験合格者は、3年間の実務経験を経た後に 修了考査を受験し、修了考査合格後に正式に公認会計士としての資格を得ることとなります。

公認会計士の試験日程

公認会計士の試験日程

公認会計士はまず短答式試験に合格し、二次試験として論文式試験に合格しなければいけません。

平成29年の試験日程は、第Ⅱ回短答式試験は平成29年5月28日に実施されます。第Ⅱ回短答式試験の合格発表予定日は平成29年6月23日です。

合格者は論文式試験を受ける資格を得ることができ、試験日程は平成29年8月25日から8月27日の三日間で行われます。論文式試験合格発表予定日は平成29年11月17日です。

公認会計士の受験料は短答式試験と論文式試験あわせて19500円です。

また、第Ⅰ回短答式試験は平成28年12月11日に行われますが、平成28年8月で申し込みが締め切られています。公認会計士合格を目指している方、頑張ってください。